国産ウッドチップ

ドッグラン、庭の雑草対策、ガーデニングのマルチング資材 国産ウッドチップ

ガーデニングのマルチング資材としてだけでなく、雑草対策のために庭に敷き詰めたり、花壇や植木鉢に撒いて景観を良くしたり、愛犬のためのドッグランを作ったり、様々な用途で使われるウッドチップ。天然木の香りは癒し効果があり、消臭・殺菌(抗菌)・防腐・防虫効果などメリットの多い素材です。国産ウッドチップは国内産の丸太のみから製造され、不純物が一切混入しておらず、安全で高品質!人にもペットにも優しい安心素材です。また、経年変化で土へと還るエコでクリーンな素材でもあります。

ウッドチップとは

ウッドチップとは

ウッドチップとは、木材を細かくチップ状に粉砕して作られた資材のことで、切削、クラッシャー、パンチングなど様々な製造法があり、原材料にも違いがあります。主にスギやヒノキ、青森ヒバなどの針葉樹、サクラ、クスノキなどの広葉樹を原材料とし、チップ一つ一つの大きさは通常3~4cm程度、小さいもので1~2cm程度です。
一般的に松の樹皮からできるバークチップに比べて、ウッドチップは木の幹そのものをチップ状にしているので、明るい色味で景観も良くでき、機能性に優れています。
ウッドチップは、ドッグラン、雑草防止、ガーデニングのマルチング、庭の地面を覆うグランドカバー、インテリアの消臭剤など幅広い用途で使われています。

木の香り豊かな天然木100%素材

ウッドチップの特長 - 5つのメリット(効果) -

  • merit 01 香りの癒し・アロマ効果
  • merit 01 香りの癒し・アロマ効果

    ヒノキ・スギなどの木の香りには癒し効果やリラクゼーション効果があります。香りの正体は木に含まれる精油成分で、脳内α波の発生促進、不眠解消など体に良い効果をもたらします。
    森林浴などで知られるフィトンチッドは、人の体内に入り込むことでNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、自己免疫力アップ効果があると言われています。また、アロマ効果もあるため寝室などインテリアにもおすすめです。

  • merit 02 消臭・抗菌効果
  • merit 02 消臭・抗菌効果

    例えばウッドチップをドッグランに使用する場合、ペットの排泄物は避けられません。犬のおしっこがかかってもウッドチップが吸収し、さらに木から出る香りの成分が雑菌の繁殖を防ぐことで、悪臭を軽減してくれます。(除菌・殺菌効果)
    また、土の上に敷いたウッドチップは1~2年を経て雑菌などの土壌汚染を改善しながら土へと還っていきます。

  • merit 03 防虫・防腐効果
  • merit 03 防虫・防腐効果

    ヒノキや杉などの香り成分は、腐朽菌、微生物、害虫を寄せ付けない効果があり、カビやダニの発生、繁殖も抑制してくれます。
    また、ウッドチップは天然木材なのでシロアリの発生を心配されがちですが、シロアリが生息するための住処は木の厚さが1cm以上必要であるため、シロアリの住処には適さず巣を作ることはありません。

  • merit 04 雑草防止・土の保護に効果的
  • merit 04 雑草防止・土の保護に効果的

    ウッドチップは、庭に敷き詰めると土に日光が当たりにくくなることで、防草作用を発揮します。頑固な雑草は、防草シートと併用することでさらに効果がアップします。
    また、ウッドチップを土の上に敷くことで、土の乾燥・硬化を防いだり、保温・保湿効果や、暑い夏の急激な温度上昇を抑える効果があるので、ガーデニングのマルチング材に適しています。

  • merit 05 エコ素材でメンテナンス楽々
  • merit 05 エコ素材でメンテナンス楽々

    ウッドチップは、1~2年ほど経て徐々に土と一体化していき、やがて土に還ります。土に還る前に廃棄する場合でも、一般の可燃ごみと一緒に処理することができます。
    ウッドチップの量が減り土が見えてきたら、新しいウッドチップを補充することで景観を保ち、香りの効果も維持できます。
    また、定期的に水を撒いてチップに含ませておくと、チップが重くなり風で飛ばされるのを防止できます。

国産 ウッドチップ 商品ラインナップ

RESTAの国産ウッドチップは国内産の丸太のみを使用し、切削工法で安心・安全・高品質を保ちながら
手作業で製造しています。不純物が一切混入しておらず、人にもペットにも優しい安心素材です。

ウッドチップにおすすめのその他エクステリアDIY
  • ウッドチップと人工芝の合わせ技で素敵なガーデンDIYを楽しもう!

  • ドッグランとしてウッドチップを敷く場合、フェンスは必需品!

  • 憧れのウッドデッキのある庭をDIYで叶えよう!

ウッドチップについてのよくある疑問
ウッドチップとバークチップの違いとは?

ウッドチップは、木材を小さく粉砕したもので主にヒノキやスギの「幹」が原料なのに対し、バークチップは、主に赤松や黒松などの「樹皮」を原料としたもので、ウッドチップは明るい色味、バークチップは濃い色味と景観の違いがあります。また、チップひとつひとつのサイズはバークチップの方が大きく丸みを帯びた形をしています。
どちらも木材から作られている資材なので使われる用途はほとんど同じです。

ウッドチップとバークチップの違とは?
シロアリなどの防虫対策は必要?

ウッドチップは天然の木材なのでシロアリの発生が心配になる方も多いと思います。
そもそもシロアリにとって木は餌でしかなく、巣を作るのは土の中です。シロアリの住処になるためには1cm以上の厚みが必要なので、ウッドチップは住処には適していません。しかしながら、餌になる木ではあるので、特にウッドチップを敷いた下は湿気がこもりやすく暗いので、シロアリだけでなく虫にとって好環境。防虫効果の高いウッドチップを使用したり、日当たりの良い場所に敷くなど注意が必要です。年に数回、予防として殺虫効果のある木酢液を水で薄めた液体を散布してみるのも効果的です。
また、シロアリは枯れたり腐ったりした木を餌にするため、老朽化した木材を使ったウッドチップは避け、国産のものや、虫が寄り付かない国産のヒノキ・スギなど素材にこだわったウッドチップを選ぶと良いでしょう。

お届け時の形状

50リットル入りの袋(約45×40cm)
を2袋でお届けします。

商品の色味・形状は個体差があります。また、画面上と実物で多少異なる場合がございます。商品のお色のイメージ違いなどでの返品・交換はお受付できません。

送料について

1梱包につき
送料無料

北海道・沖縄ほか一部地域を除く。

商品出荷までは何日くらい?

通常
3~5営業日

商品は基本的にメーカー在庫となります。まれに、メーカー側で在庫切れとなる場合がございます。その際は納期のご相談を別途ご連絡させて頂きます。

ウッドデッキ教室

学科編

実技編

エクステリアDIYをもっと楽しもう!

- RETURN - ウッドデッキTOPに戻る

おすすめ!

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook

To PageTop