ダイノックフィルムの機能や性能をチェック!

抜群の施工性

秘密は格子状の溝

抜群の施工性
ダイノックフィルムの粘着面には空気を抜きやすくするための溝があります。 溝の形状は格子状になっており、溝を通って多方向へ空気が抜けるようになり、広い場所や凹凸のある場所への施工が楽にきれいに行えます。

優れた機能

様々な耐久実験でチェック!

表面のこすれに強い
磨耗試験機で7000回こすっても柄変化なし!
抜群の耐久性
65°Cの環境に連続28日放置しても粘着力に変化なし!
温度変化に強い
-30°C~65°Cの範囲を繰り返し、12日間放置しても剥がれや変色なし!
湿度に強い
室温40°C、湿度95%の環境に30日放置しても粘着力に変化なし!
隙間が開きにくい
切れ目を入れた後65°Cに2日放置しても開いた隙間は0.3mm以内!
日差しに強い
耐候性実験機を250時間放射しても柄変化なし!
化学薬品に強い
アルミ板またはアクリル板に貼り付け、
各薬品に所定時間浸した結果をチェック!
分類 薬品 浸漬時間 結果
24時間 異常なし
塩酸(10%) 24時間 異常なし
塩基(アルカリ) 水酸化ナトリウム(10%) 24時間 異常なし
アルコール系 エタノール 24時間 異常なし
エステル系 酢酸エチル 5分 変質する(*1)
ケトン系 メチルエチルケトン 5分 変質する(*1)
芳香族系 トルエン 5分 変質する(*1)

※1:基材から剥離

汚れに強い
ダイノックフィルムの表面に各物質を塗りつけ24時間放置後、
水またはアルコールで拭き取った結果をチェック!
分類 汚染物質 結果
食品系 コーヒー
紅茶
コーラ
牛乳
赤ワイン
タバスコ®ペッパーソース *1 ×
ケチャップ
醤油
オレイン酸油
食酢
  • ◎:水で拭き取れる
  • ○:アルコールで拭き取れる
  • △:若干しみが残る
  • ×:しみが残る
分類 汚染物質 結果
薬品系 塩水(1%)
石鹸水(1%)
アンモニア水(10%)
過酸化水素水(3%)
クエン酸水溶液(10%)
ホルマリン(36%)
エチルアルコール(50%)
日用品 *2 油性マーカー ×
クレヨン
靴墨
カラートリートメント ×
ターメリック ×
  • *1:タバスコ®はマキルへニー社社の登録商標です。
  • *2:日用品は種類によって結果が異なりますのでご注意ください。

ダイノック消臭フィルムの性能をチェック!

臭いはどのように消臭されるの?

  • フィルム表面の消臭剤にトリプルフレッシュを採用し、たばこの臭いやアンモニアなどの臭いを水や二酸化炭素に分解し、消臭します。トリプルフレッシュは触媒作用によるサイクル消臭を行う「金属塩」と、化学反応で初期ホルムアルデヒド消臭を行う高い安全性の「有機窒素化合物」で構成されています。
    ※トリプルフレッシュはスミノエ織物株式会社の登録商標です。

臭いはどのように消臭されるの?

ダイノック消臭フィルムを悪臭の原因物質と共に入れ、臭いの残存濃度を観察。
  • <タバコ>アセトアルデヒド
  • <シックハウスの一因>ホルムアルデヒド
  • <トイレ・汗>アンモニア
  • <生ゴミ・ペット臭>硫化水素
  • <タバコ・体臭>酢酸

消臭効果を持続させるためには?

汚れやたばこのヤニが付着した状態では消臭効果を十分に発揮できません。定期的に水拭きや中性洗剤で表面をふき取ってください。

メニュー

MENU

メニュー

デジタルカタログ
から選ぶ

柄別で選ぶ

用途で選ぶ

ダイノックについて
のページ

おすすめコンテンツ

To PageTop