マンション床をフローリングにするには

防音対策を万全に!マンション床をフローリングにするには

最近は、マンションでもフローリングが一般的ですが、防音対策を行い、マンション管理規約に対応する必要があります。二重床構造のマンションも見かけますがそうでない場合も。今回はマンション床をフローリングする方法を解説します。



 
マンションにフローリングを施工する方法
マンションにフローリング
 

マンションにおけるトラブルで最も多いのが騒音問題です。

通常、マンションではこのトラブルを未然に防ぐため防音規定が定められています。LL-45(軽量衝撃音の数値)以上と規定されているマンションが多いようです。

マンションにフローリングを施工する方法は3種類あり、その一つがマンションの防音規定に適合した防音フローリングを直貼りする方法です。

2つ目は二重床工法を用いる方法、3つ目はフローリングの下に防音マットを敷設する方法です。

この3種類の方法と特徴をそれぞれにご紹介します。





 
直貼り防音フローリングの施工方法と特長
直貼り防音フローリングの施工方法と特長
  

防音フローリングは、通常のフローリングの裏面に特殊な緩衝材を貼り付けられたフローリングです。

フローリング自体に防音性能が付加されているため、マンションの規定に合った防音フローリングを選び、直貼り工法によって施工します。

防音性能を表示する数値は、LL-45などの推定L等級から新しい表示方法ΔL(デルタエル)等級で表示されているフローリングが多くなっています。

ΔL等級では数値が高いほど、防音性能が高いということを示します。LL-45と同じ程度の防音性能はΔL-4となります。
 
※従来のL値は空間性能を推定したもので、新しいΔ値は床材単体が衝撃音をどれだけ低減させることができるかを表したもの。
 
※直貼り工法とは、コンクリートなどの床に直接接着剤で貼る方法で接着工法ともいわれる。主にマンションや店舗などに多く採用される工法。

大きな不陸がある場合は「浮き」や「床鳴り」の原因になるため、不陸調整する必要があります。





 
二重床工法の施工方法と特長
二重床工法の施工方法と特長
 

二重床工法とは、コンクリートスラブとフローリングの間に空間をつくり二重床の構造にすることです。

二重床工法は「根太床工法」「浮床工法」「置き床工法」の3種類があり、それぞれの施工方法を以下にご説明します。
 

・根太床工法
床スラブの上に角材の根太を均等に並べ、その上にフローリングを接着剤と釘を併用して張っていきます。

この工法は軽量衝撃音には効果がありますが、地震などの際に歪みが生じることもあります。

対策として、根太に捨て張り(12~15mm程度の合板を張ってからフローリングを施工する)して剛性を強化する方法もあります。
 

・浮床工法
床スラブの上に断熱材を敷き、その上にモルタルを打って二重床をつくり、その上にフローリングを施工する方法です。

この方法が最も遮音・防音効果が高くなりますが、コストや手間が最もかかる工法です。
 

・置き床工法
置き床工法は、パーチクルボードなどのパネルを防振ゴムの付いた支持脚で支えることによって二重床をつくり、その上にフローリングを施工する方法です。

支持脚は高さの調整が可能なため、段差が解消できます。
 

二重床はそれだけで遮音・防音効果が確保できるため、自由に床材を選ぶことができるメリットがあります。

しかし、直貼り工法と比較すると工事に要する時間や費用がかかることがデメリットになります。また、床が上がる分天井の高さは低くなってしまいます。





 
防音マットを敷く方法
防音マットを敷く方法
 

この方法は、床スラブの上に防音・遮音性能のあるマットを敷き詰め、その上にフローリングを施工する方法です。大変お手軽でDIYには最適!

この方法は、二重床にする手間や費用はかけず、無垢材フローリングでも複合フローリングでも好きなタイプの床材を自由に選べることがメリットです。

RESTAがおすすめする「サイレント・トライマット」は、わずか22mmの厚さのマットで防音性能LL-45を達成しています。

また、一体型防音材(捨張合板+防音材)になっているため、施工が簡単でコストも低減されます。さらに1枚からご注文できるため、ロスが少ないことも魅力です。


「防音フローリングの中から選ぼうと思っても、理想のフローリングが見つからない。」、「二重床にする手間や費用はかけたくない」という方には是非おすすめしたい商品です。

  

 

マンションにフローリングを施工する方法をご紹介いたしました。最も簡単なのが防音タイプのフローリングを直貼りする方法です。

しかしながら、現在はラインナップが増えたとはいえ、まだまだ一般のフローリングに比較すると少ないのが現実です。

フローリング選びにはこだわりたいという方には、防音マットを敷く方法がベストでしょう。

また、マンション規定がかなり厳しくしっかりとした遮音・防音を望まれているなら二重床にすることをおすすめいたします。自宅マンションに合った施工方法をお選びください。








 

フローリング教室

学科編

実技編

プロ用からDIY向けまで、充実のRESTAの床材

- RETURN - フローリングTOPに戻る

カテゴリメニュー

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook

To PageTop