シール壁紙の特徴を知ろうはがせるタイプ・はがせないタイプの違い

気軽にDIYできるシール壁紙には、貼った後にキレイに「はがせる」タイプと「はがせない」タイプの2種類があります。それは、裏面に塗られている粘着剤によって、貼り付き方と剥がれ方に違いがあるからです。剥離紙を剥がすだけで、すぐに貼ることができる人気のシール壁紙ですが、粘着剤の特長を知っておくと、選び方の参考になりますよ!

一般的な壁紙とシール壁紙の違い

のりで貼る or 粘着剤で貼る

一般的な壁紙は「のり」を使って貼り付けます。のりは接着剤なので、時間が経過するとしっかりと固まり、壁と壁紙をくっつけます。そのため、壁紙を接着して乾いた後にキレイに剥がすことはほぼできません。

シールタイプの壁紙に使用される粘着剤は、時間が経過しても基本的にはベタベタした状態を保つ性質のため、完全に固まることはありません。

 

 

シール壁紙には2種類ある

「はがせる」と「はがせない」の違い

シール壁紙に使用される粘着剤は、大きく分けて2種類あります。貼り付け後、「はがせない」タイプのシール壁紙には、はがれないように作られた粘着剤が塗られているので、施工後に無理にはがそうとすると、下地の壁を傷めたり、壁に粘着剤が残ったりします。

一方「はがせる」タイプのシール壁紙は、はがしたときに、粘着剤が壁紙フィルムの方に全てくっついてくるようにできています。

 

 

「はがせる」シール壁紙の特徴

貼りたては、くっつきにくい。

はがせるタイプは硬めの粘着剤なので、特に凹凸のある壁紙の上などに貼った時、貼りたては粘着剤がなじみにくく、貼り付けにくいという特徴があります。時間の経過とともに少しずつ粘着剤が壁の形に変形し、粘着力が強くなっていきます。
どうしても貼り付けにくいときは、ドライヤーなどで温めると、粘着剤が柔らかくなるため、貼りやすくなります。
 

 

長期間貼ったままにすると、キレイにはがしにくくなる。

粘着剤は時間の経過とともに、壁によく馴染んできます。すると、壁紙をはがした時に粘着剤が壁側に残ることがあります。いつまでキレイに剥がせるかは、粘着剤の種類や環境によって変わりますが、室温が高い部屋の方が、キレイに剥がせる期間が短くなる傾向があります。長期間貼ったセロハンテープやガムテープの粘着剤が残るのと同じです。

 

キレイに剥がすためのコツ

粘着剤が残らないように壁紙をはがすには、ゆっくりと剥がすことがポイントです。速く剥がすと粘着剤の途中が切れてしまうため、壁に粘着剤が残りやすくなります。
また、数年間にわたって貼ったままにしていると、どのシールタイプの壁紙も粘着剤が残ってしまいます。そのため、はがせるタイプのシール壁紙は一時的な使用や、2~3か月に一度くらい定期的に色や柄を替えたい人にとってはピッタリのDIY向け壁紙です。

壁紙のラインナップ

  • 生のり付き壁紙
  • のりなし壁紙
  • スリット壁紙・チャレンジセット
  • シール壁紙
  • 輸入壁紙
  • 業者様向け壁紙
  • 壁紙をメーカーから選ぶ
  • 壁紙をデジタルカタログから選ぶ
  • 壁紙の貼り方
こちらもおすすめ!壁紙以外の壁面DIY
  • ドアや窓枠など、ツルっとした場所のリメイクに!

  • 壁紙に塗装できるペンキで自分好みの壁にカスタマイズ!

  • 壁にアクセント!タイルや壁面緑化がおすすめ!

壁紙DIYの次は、簡単施工の床材!

- RETURN - 壁紙総合TOPに戻る

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop