ウレタンについて知ろう!ウレタンスポンジとは?

何気なく使用している日用品に多く使われている「ウレタン」。もっともよく目にするのは台所で使う食器洗い用スポンジでしょうか?そのほか、ソファーや椅子の座面のクッション材として使われているのもウレタンです。そんなウレタンの多種多様な特長と使い方について詳しくご紹介します。

ウレタンスポンジとは?

ウレタンとは?

私たちが日常で使用するふわふわとした形状のウレタンは、原料であるポリウレタンなどの合成樹脂を発泡成形させてスポンジ状に加工した物を用途に応じた形状にカットしたもので、「ウレタンスポンジ」略して「ウレタン」と呼ばれています。

同じようにポリウレタンでできたウレタンスポンジでも、発泡させる度合いや製法を変えることで「軟質ウレタンフォーム」「硬質ウレタンフォーム」「低反発ウレタンフォーム」など様々な硬さや形状で作られています。使用用途に合わせて選ぶことができるのが大きな特長です。

ウレタンスポンジはウレタンフォームとも呼ばれ、原料をスポンジ状に発泡させたものをフォームといい、ウレタンスポンジとウレタンフォームは基本的には同じものを指しています。

 

 
スポンジはみんなウレタンからできている?
スポンジイメージ

日常的に目にするウレタンといえば、台所用スポンジ。台所用スポンジはポリウレタン樹脂をきめ細かく発泡させ、大きな形状に固めたものを、使いやすい大きさにカットして製品化されたものです。

しかし、同じ台所用スポンジでも、茶渋などをきれいに落とすことができるメラミンスポンジはメラミン樹脂から作られており、ウレタンの仲間には入りません。

その他にもポリエチレンやゴムからできているスポンジもあり、それぞれの特色を活かした用途で使われています。

 

 
ウレタンにはどんな種類があるの?
  • 軟質ウレタンフォーム
    軟質ウレタンフォーム

    中の気泡が繋がっており、柔らかく、復元性のあるウレタンスポンジ。クッション材や洗浄スポンジなど日常で最も多く目にするウレタンです。

  • 半硬質ウレタンフォーム
    半硬質ウレタンフォーム

    軟質と硬質の中間の硬さのウレタンスポンジです。反発力が高く、しっかりとした弾力があるのでマットレスなどの芯材などで使われています。

  • 硬質ウレタンフォーム
    硬質ウレタンフォーム

    中の気泡が繋がっておらず、独立しています。弾力があり、水分を通しにくい性質から、防水パッキンなどに使用されます。

ウレタンはどんな用途で使われている?
ウレタンが使われている場所

ウレタンは、椅子のクッション材の他、壁面の保護材や落下時の衝撃を吸収する分厚いマット、音響室の吸音材など様々な用途で使われています。

その他にも、ゴムのような弾力の強いシート状のウレタンは、機械の振動の伝わりを防止する制振材としても使用されています。

普段何気なく目にしている物の中にも、ウレタンと気づかずに使用している物もあるかもしれませんね。

そこで、ウレタンが使用されている物やシーンを、いくつかご紹介して行きたいと思います。

 

ソファーや椅子のクッション材

クッション材として

ソファーや椅子の座面や背面のクッション材には、「チップウレタン」と「ウレタンスポンジ」が多く使われています。

チップウレタンは、ウレタンスポンジの製造中に出る端材を細かく粉砕し接着剤などを混ぜ込んで圧縮形成させた再生ウレタンです。様々な硬さのウレタンチップが混ざり合っており、へたりが少なく、しっかりと重みを支えることができます。

ただ、チップウレタンのみをクッション材として用いると、座り心地が硬く感じるため、ソファーや椅子の座面に使う場合は、ふんわりとした座り心地にするために、やわらかいウレタンスポンジも合わせて使われるとこほとんどです。

好みの座り心地に対応するため、チップウレタンとウレタンスポンジを様々な厚みで組合わせた2層構造のウレタンが作られています。

また、ソファーの背面にはある程度の弾力とふんわり感を与えるため、チップウレタンに成形する前のチップ状のものを不織布などでくるんでまとめたものが使われる場合もあります。
 

 

整体院やエステなどの施術台

施術台やベットなど

整体院やエステなどの施術台にもウレタンが使われています。

整体院など施術台には、施術中に体を上から押したりするときに体が沈み込んでしまわないように、沈み込みが少ない硬めのウレタンが使われています。

エステなどリラックスするシーンで使われる施術台は、長時間施術を受けても体が痛くならないように、ふんわりとしたウレタンを使うことが多く、低反発タイプのウレタンも選ばれます。

 

音響室やライブハウスの吸音材

音響室やライブハウスなど

ライブハウスなど楽器を使う場所の壁面や天井に貼ることで、音を吸収したり、音の反響を抑えるウレタン素材の吸音材があります。

最近は、趣味などで楽器を演奏される方が、自宅の一室をDIYで防音室にして楽器の練習や録音をされる方も増えていますよね。

ウレタン吸音材は軽く、ボンドや強力両面テープで簡単に壁に貼り付けることができるので、気軽に簡易音響室が自宅に作れます。中には、裏面に粘着剤付が付いており、剥離紙を剥がすだけで簡単に貼り付けられる吸音ウレタン材もあります。

 

振動する機器の揺れを伝わりにくくする

振動を抑える制振材として

振動を起こす機械の下に敷いたり、工場内の壁面に貼って壁の振動を抑えたりできるシート状のウレタンもあります。

制振性のほかに吸音性を併せ持つものや、裏面に滑り止め加工や粘着加工がされたものがあり、振動を抑えたいものや場所に合わせて使い分けることができます。 

    
ウレタンのサイズカットは出来る?

1mm単位で指定できるカットオーダー対応

オーダーカットのウレタンスポンジ

ウレタンスポンジは自分でもカット可能なため規格サイズ品が主流ですが、欲しいサイズだけ購入できるカットオーダー対応の商品もあります。

タテ・ヨコ・厚みの3辺が1mm単位で指定できるため、ご自宅の椅子やソファーのサイズに合わせて注文したい場合や、車内のマットレスをぴったりサイズでDIYしたい時などに最適です!

一般的なウレタンスポンジから、柔らかい感触で形にぴったりフィットする低反発タイプや、硬さと反発力のバランスがちょうど良い高弾性タイプなど、豊富なラインナップから選べます。

幅広い用途で活躍するウレタンスポンジ

ウレタンスポンジと一言でいっても形状や硬さは様々で、生活の様々なシーンに対応する物が作られています。梱包材やクッション材としてだけではない、ウレタンスポンジの用途を知れば、DIYの幅も無限に広がるのではないでしょうか。いろんなアイデアでウレタンスポンジのDIYにチャレンジしてみてくださいね!

その他の吸放湿商品もチェック!
  • ビニールレザー・椅子張り生地

    椅子やソファーの張替えに!ウレタンとセットでもお得!

  • 布生地

    ウレタンと組み合わせて手芸や工作にチャレンジ!

  • 副資材・施工道具

    DIYに必要な道具や接着剤のご購入はこちらから。

- RETURN - ウレタン・スポンジTOPに戻る

おすすめ!

お問い合わせQA
ラストオーダー
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY教室
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram
YouTube

To PageTop