フィルター材の目の粗さについて

最適なフィルター材を選ぶ参考に。 フィルター材の目の粗さについて

掃除機や水槽のろ過装置などに使われている網状のフィルターには、薄いスポンジのようなものが多く使われています。フィルター材には様々な目の粗さがあるので、商品選びの目安になるよう、それぞれの目の粗さの違いやフィルター材の構造について、詳しくご紹介します。

フィルターの見た目
  • MF-8
    MF-8
  • MF-13
    MF-13
  • MF-20
    MF-20
  • MF-30
    MF-30

フィルター材には目(穴の大きさ)が粗いものから細かいものまで様々な種類があり、それぞれの用途によって最適なものを選ぶ必要があります。フィルター自体を並べて見比べてみても、目の粗さが違うことが分かりますが、どれを購入したらよいか迷わないためにも、フィルターの目の粗さや素材の構造について確認していきましょう。

目の粗さは「セル数」で判断できる!
  • フィルターの見た目
  • 目の粗さを比較するには、各商品ページに記載されている規格表のセル数の部分を確認してみましょう。セル数とは1インチ(約25mm)平方あたりに存在するセル(気泡)の数です。セルの数が多くなるほど気泡が細かくなり、細かい粒子を通しにくくなります。つまり、目の細かいフィルターであることを示しています。

それぞれの目の粗さを3cm角で比較してみよう
RESTAで販売しているフィルター材4種類を比較してみます。
セル数の数値が大きくなるほど目の細かいフィルターになるのがよく分かります。
  • MF-8
    MF-8
  • MF-13
    MF-13
  • MF-20
    MF-20
  • MF-30
    MF-30
セル数が多い方がいいの?
  • MF-8

    セル数が少ない

  • MF-8

    セル数が多い

セル数が多い方が目が細かく、小さな粒子を漉し取る能力が高いと言えますが、機器類によってフィルターの目の粗さを選ばなければなりません。セル数が多く漉し取る能力が高いということは、目詰まりしやすく、風も通しにくいという事になります。掃除機などでは、フィルターの目が細かすぎると吸引力が落ちたり、モーターに負担がかかったりすることで、故障につながる恐れもあります。

フィルター材を選ぶためのもう1つのポイント
  • 油に強い or 水に強い
  • 油に強い or 水に強い

    フィルター材は性質によっても用途が変わります。フィルターは大きく2つに分類することができ、機械類などには耐油性・耐熱性に優れる「エステル系」のフィルター、水槽のろ過装置などには耐水性に優れる「エーテル系」のフィルターが使われます。
    また、フィルター交換の用途でご購入いただく際は、機器の既存フィルターと同じくらいの目の粗さ・厚みの物を選ぶようにしましょう。

ウレタン・スポンジについて知ろう

その他の吸放湿商品もチェック!
  • ビニールレザー・椅子張り生地

    椅子やソファーの張替えに!ウレタンとセットでもお得!

  • 布生地

    ウレタンと組み合わせて手芸や工作にチャレンジ!

  • 副資材・施工道具

    DIYに必要な道具や接着剤のご購入はこちらから。

- RETURN - ウレタン・スポンジTOPに戻る

おすすめ!

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook

To PageTop