壁紙張り替え 業者とDIY

壁紙のDIYがより一般的に壁紙の張り替え DIYと業者の費用比較

壁紙の施工がDIYでもできるということが広く認知されてきました。部屋のリフォームをお考えなら、業者に依頼するか自分でチャレンジしてみるか、悩みどころですね。コスト面ではもちろんDIYが有利。品質面では業者に依頼する方が確実と思われがちですが、それはあなたの腕だけではなく選ぶ壁紙によっても大きく変わってくるのです。





 
壁紙の種類で費用が変わる
工賃の目安
 

壁紙には多くの種類があり、選ぶものによって単価も変わりますが、施工時の必要量によっても費用が変わってきます。

特に柄の有無は大きなポイントで、柄がある壁紙自体、単価が高いという傾向がありますが、柄を合わせて貼るためには、リピート(※)に応じた長さの壁紙を購入する必要があるため、無地の壁紙よりも多くの材料費と施工の手間がかかります。

※リピートとは
同じ柄が繰り替えされる一定の長さのこと。





 
DIYと業者の価格差は、出張費や工賃だけではない
 
壁紙の費用計算


今やリフォーム業者もネット通販で壁紙を仕入れることが一般的です。

リフォーム業者の主な見積もりの内訳は、工賃+出張費+材料費となりますが、業者によっては実際に仕入れた価格よりも材料費を高く見積もることもあります。

それが定価での見積もりであれば、ネット上の販売価格より2~4倍ほどの仕入れ値となることもあります。
 




 
実際に費用はいくら?
 
壁紙の費用比較


RESTAの工事部門の一般的な壁紙リフォーム(6帖1室・天井と壁の場合)の概算費用は、
柄のない壁紙:43,000円~
柄のある壁紙:48,000円~

一方、RESTAのネット販売している生のり付き壁紙の価格は、柄のないものが205円/m~、柄のあるものが430円/m~となっているので、

壁面に30m、天井面に12mの壁紙を使用すると、DIYで貼る場合の材料費は、それぞれ、8,610円と15,360円になります。(天井面は両ケースとも柄のない壁紙で計算)

これに道具や、下地処理などの費用を約5,000円として見積もると、DIYでのコストは、
柄のない壁紙:13,610円~
柄のある壁紙:20,360円~
となります。

つまり、6帖1室のリフォームで約30,000円の差があることが分かります。





 
DIYで起こりうる品質の差
壁紙施工時ののりの拭き残し
 

リフォーム業者に比べてDIYで行う壁紙施工の品質は落ちても当然。自分で貼ることに意義があるのがDIYです。では、実際にどんなことが発生しうるでしょうか。

・柄がずれている
・下地の段差が表面まで現れている
・しわになる、空気が入っている
・施工途中で壁紙が破れる
・拭き取り忘れたノリで黄色くなる

これらが、DIYでの壁紙施工の際に起こりうる代表的な失敗例です。

ただ、これらの失敗は、基本の手順通りに進めることで全て解決できる問題でもあります。

例えば、「柄がずれている」問題が発生する原因として考えらるのは、柄を合わせる工程で正面から見ていない…壁紙がまっすぐ貼れていな…など、とても初歩的なものなのです。





 
DIYで貼ってみたいけど、迷っている?
 

DIYで壁紙を貼るため工程で、億劫に感じてしまうのが、「壁紙を貼る前の下地処理」という声をよく聞きます。

しかし、この下地処理をきちんと行わないと、壁紙をまっすぐきれいに貼ることができません。

業者に依頼するかDIYで自分でやるか決まっていない場合は、古い壁紙をとりあえず剥がしてみるのも判断材料になります。

上手に壁紙が剥がれたら、下地処理をせずに新しい壁紙を貼ることができるので、DIYでも簡単に施工可能。逆に、ひどい凸凹の状態になってしまったら、DIYを諦めて、そこから業者に依頼するというのも1つの方法です。

  

  



 
壁紙のDIYを始めよう!
  • 便利な糊付きタイプで簡単に壁紙を貼り替え!道具付きチャレンジセットもおすすめ。

  • 粘着剤付きの壁紙をペタッと貼るだけで簡単DIY!貼って剥がせるタイプも選べます。

  • プロが使用する壁紙を激安価格でご提供!保存しやすくマイペースなDIYにも最適。

- RETURN - 壁紙総合TOPに戻る

おすすめ!

無料サンプルの注文方法
累計販売個数100万個突破
ショップ会員数6万人以上
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook

To PageTop