畳の歴史を知ろう 現代まで引き継がれる和の伝承

和の風情が味わえる、日本生まれの畳畳の歴史を知ろう!現代まで引き継がれる和の伝承

畳は、日本発祥の伝統的な床材です。そんな畳はなんと縄文時代が起源で、貴族から町人、庶民へと普及した歴史があります。椅子とテーブルでの生活が主流になった現代では、戸建てや集合住宅から和室が減っていますが、それでもなお畳の人気は健在です。そこで今回は、現代まで引き継がれている畳の歴史と使い方についてまとめました。現代で人気のある「置き畳」についてもご紹介します!

 

畳の歴史(縄文時代~平安時代)

畳が生まれたのは、奈良~平安時代

畳の歴史(縄文時代~平成時代)

畳の起源は縄文時代~弥生時代にまでさかのぼります。古事記に「管畳」「皮畳」、日本書紀に「八重席薦(やえむしろこも)」という記述も残されています。
実際に、縄文時代~平安時代の遺跡からは、住居に稲わらを敷いていた形跡がたくさん発見されています。ムシロやコモといった藁やい草を編んで作られた薄手の敷物は、畳というよりも、クルクルと巻けるような「ゴザ」のイメージですね。
その後、神殿造りが普及した奈良~平安時代になると、庶民はムシロやコモ、貴族は畳を使うように。座る・寝るための道具、お客様や身分の高い人をもてなすための道具として活用されました。身分によって、畳の大きさ、厚さ、縁の色が違ったのも特徴です。
奈良~平安時代では、床の上の一部に畳を敷いていたので、現代の置き畳やユニット畳に近い使用方法でした。

 

畳の歴史(鎌倉時代~江戸時代)

書院造・数寄屋造を経て庶民に広がる

畳の歴史(鎌倉時代~江戸時代)

書院造が普及した、鎌倉時代~室町時代には、部分的に置く「板敷きスタイル」から床全体に敷き詰めて使う「畳敷きスタイル」に。畳は、座る・寝るためだけの道具ではなく、建築材料として使われました。この頃、畳から発展した布団も生まれました。
桃山時代~江戸時代には数寄屋造とともに、町人にも広がり、畳職人の間で親方と職人といった階層も生まれました。数寄屋造りは、茶室のある簡素なデザインが特徴。茶室と茶道の広がりで、江戸時代中期以降には庶民にも畳が浸透し始めます。幕府が畳を買い上げ、次第に畳奉行や、畳師や畳屋が登場し、畳を干す光景があらゆる場所で見られました。

 

現存する最古の畳「御床畳」

聖武天皇が使用し、畳の発祥となる

現存する最古の畳「御床畳」

日本に現存する最も古い畳は、東大寺の正倉院に保管されている「御床畳(ごしょうのたたみ)」です。奈良時代に、聖武天皇が使用し、畳の発祥とされています。
御床畳は、ムシロのような敷物を5~6枚重ねてコモをかぶせ、錦の縁をつけた、厚手の敷物です。これを木製の台の上に置いて、2つ並べてベッドとして使っていました。

 

現代の使用用途と需要

フローリングの上に置いて和モダンに使える畳が人気

現代の使用用途と需要

現代では、戸建て・マンション・アパートの種類にかかわらず、和室が減り、洋室の間取りが増えています。椅子とテーブルでの生活が普及したことで、畳からフローリングに変わり、畳の上で生活するスタイルが減ったことが考えられます。さらに、和室を作って畳を敷くとなると障子やふすまといったその他の部材が必要になり、その分コストがかかることも理由の1つです。
しかしながら、畳ならではのクッション性や肌触りのよさ、お手入れのしやすさ、和の雰囲気も人気があり、現代では洋室に畳を取り入れるインテリアが増えています。畳を一面に敷き詰めるのではなく、フローリングの上に敷くタイプなど、和室がない間取りでも、手軽に畳の良さを味わえる「置き畳」に人気が集まっています。

 

置き畳とは?

置くだけで簡単に敷ける、正方形の畳

置き畳とは?

置き畳とは、お部屋の好きな場所に1枚単位で並べて置ける畳を指します。1枚の形は正方形の置き畳が主流です。かつての畳は、天然素材の「い草」を原料に作られていましたが、置き畳は、い草の他にも「和紙」「樹脂」など様々な原料で作られます。その分、カラーやデザインのバリエーションが多いので、お部屋にあったコーディネートがしやすいのも特徴です。
置き畳は和室の畳に比べて薄いので、フローリングの上に置いてもスマートな見た目になります。中にクッション材が入っているので、本来の畳と同じような踏み心地で、人気があります。

 

琉球畳との違い

特別な採寸不要!置き畳は好きな分だけ置いて使える!

琉球畳との違い

置き畳と聞くとピンと来ないけど、琉球畳ならイメージが湧くという方も多いのではないでしょうか。置き畳は正方形の畳全般を指します。琉球畳は、沖縄のい草を使ったヘリのない半畳の畳を指します。
置き畳の厚さは約15mmで裏面に滑り止めがあり、琉球畳の厚さは約60mmで滑り止めがありません。置き畳はフローリングの上に好きな分だけ置いて使うのに対し、琉球畳はその間取りいっぱいに敷き詰めて使う、といった違いがあります。
琉球畳は間取りの形状に合わせて採寸して施工する必要がありますが、置き畳は好きな枚数で敷けるので、一定の大きさで作られています。

 

置き畳はカラー豊富!並べ方でインテリアの幅も広がる

お部屋のテイストに合わせたデザインが見つかる!

置き畳はカラー豊富!並べ方でインテリアの幅も広がる

置き畳は、い草だけでなく和紙や樹脂も原料にすることで、幅広いカラー・デザインのバリエーションを表現できます。単色で並べてもおしゃれですし、2色で市松模様に並べてもモダンな雰囲気に仕上がります。ライン状、ドーナツ状など、並べ方で印象が変わるので模様替えももっと楽しめます。
い草本来の風合いを楽しめる畳はもちろん、メリハリのあるブラックやレッド、パステルなピンク、グラデーションがかったストライプ柄などあらゆるデザインが見つかります。
琉球畳を探していたけどお部屋に似合うような納得のいく色が見つからない、という方は「置き畳」で探してみるともっと選択肢が広がりますよ!

   
畳の歴史は縄文時代から!現代は洋室に置くタイプが人気

畳の歴史は、縄文時代に稲わらを敷いたことが起源になります。現代の畳の構造になったのは、奈良~平安時代です。もともとは身分の高い人や客人をもてなすための道具でしたが、江戸時代中期以降に庶民に普及しました。
現代では、椅子とテーブルでの生活が主流になったことで和室が減り、洋室が増えました。リビングやベッドルーム、ゲストルームなど、洋室のフローリングの上に置いて手軽に畳を敷ける「置き畳」が人気です。
置き畳は、い草だけでなく和紙や樹脂を原料に作られるので、色や柄の種類も多く、お気に入りのデザインが見つかります。畳を敷くための、特別な採寸もいらないので、ぜひコーディネートしてみてはいかがでしょうか?




 

- RETURN - 置き畳TOPに戻る

床材カテゴリー

サイズから選ぶ

貼るタイプから選ぶ

メーカー・シリーズで選ぶ

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop