人工芝1ロールで施工できる広さ

人工芝DIYを行う場合、ロールタイプかジョイントタイプか、また、どのくらいの量を準備すれば良いのかを事前に確認しなければなりません。お庭の広さや形状によってはカットや繋ぎ合わせが必要になります。人工芝をどう施工するか割り付けを考慮した上で適切なサイズと数量を準備できれば、「足らない」「たくさん余った」なんて事態を防いで無駄なく施工することができますよ!

広い範囲の施工は
ロールタイプの人工芝がおすすめ!

  • 人工芝ロール
  • 広い範囲の施工はロールタイプの人工芝が適しています。
    ロール状に巻いた状態の人工芝ロールは、広げていくだけで広範囲に敷くことが可能です。使う分だけを広げてカットでき、直線や直角だけでなく様々な形状にも対応できるので、複雑な形状の庭に施工する場合や、店舗の内装やイベントの演出に使いたい場合はロールタイプの人工芝をおすすめします。持ち運びしやすく、余った人工芝はロール状で保管できることから、「扱いやすい」という利点があります。

狭い範囲に敷くなら
ジョイントタイプの人工芝がおすすめ!

  • ジョイント人工芝パネル
  • ベランダや部分的に人工芝を敷きたい場合はジョイントタイプの人工芝が適しています。
    一般的に約30cm角のパネル状になっていて、裏面に樹脂のベースが付いているのが特徴。樹脂部分はカット可能ですが、円形やカーブなど複雑な形状、細かい切断・加工には適さないので施工できる場所は限られます。利点としては、置いて並べるだけの簡単施工、サイズが分かりやすい、施工後に浮き上がりが起こりにくい、などが挙げられます。

無駄なく人工芝を施工するには?

まず、人工芝を敷きたい(貼りたい)部分の面積を測ります。

  • 人工芝を購入する前に、施工場所の面積を測り、必要な人工芝の数量を算出しましょう。

    施工場所の幅×奥行き=面積(平米)となります。

    また、人工芝を施工する際に、継ぎ目(ジョイント)は少ないほど仕上りがキレイなので、効率よく施工できるよう敷く向きやどのようにカットするなど、割り付けを確認してくのがポイントです!施工途中で「足りない!」なんてことにならないよう、用意する人工芝は採寸面積に余裕分をプラスして注文しましょう。

  • 施工場所の面積を測る
  • 施工場所の面積を測る

人工芝のサイズは、1m巾×10m巻が一般的ですが、RESTAでは、2m巾のタイプや、長さ5m~30m巻と様々なサイズをご用意しています。つぎはぎだらけで見た目が悪くならないように、施工場所の大きさ、形に合わせて継ぎ目が少なく無駄のない割り付けを行いましょう!

人工芝のサイズ別、施工できる広さの目安

  • 施工できる広さの目安
  • RESTAで扱う人工芝ロールのサイズは、種類にもよって異なりますが、91cm巾・1m巾・2m巾があり、長さは5m~30m巻まで選べます。
    ジョイントタイプは30cm角パネル20枚セットをご用意しています。

  • 91cm巾×5m巻
    4.55平米約2.75帖分
  • 91cm巾×10m巻
    9.1平米約5.5帖分
  • 91cm巾×20m巻
    18.2平米約11帖分
  • 91cm巾×30m巻
    27.3平米約16.5帖分
  • 1m巾×5m巻
    5平米約3帖分
  • 1m巾×10m、2m巾×5m
    10平米約6帖分

「割り付け図面」を作成しよう!

床材などの施工位置を、寸法に応じて決めることを「割付」といい、それを図面に書いたものを「割り付け図」といいます。割り付け図面を作成することで、どのサイズの人工芝を、どの向きで何枚敷くか、何辺にジョイント部分を設けるかなど、事前のシミュレーションもできイメージしやすくなります。まずは、簡単なラフ図でも良いので図面を書いてみましょう。
約6帖の場所に人工芝を敷く場合の割り付け
【1m巾×10m巻を1本、1m巾×5m巻を1本 使用する場合】
  • 1m巾×10m巻を1本、1m巾×5m巻を1本 使用する場合
  • 1m巾×10m巻を1本、1m巾×5m巻を1本 使用する場合
  • 【2m巾×5m巻を1本使用する場合】
    2m巾×5m巻を1本使用する場合
  • AとBの例では、使うサイズ・カット寸法・余る長さに差は無いものの、Bの割り付けの方がジョイントラインが少ないことがわかります。Cの割り付けは、巾が2mなので広く敷くことはできますが、最後に縦横の細かい継ぎ接ぎが必要となってしまい。芝目も揃わず見た目が悪くなる可能性があります。
    コスト面では、Cが1番抑えらえます。また、余りが出ず無駄なく使えるのもCの割り付けです。使うサイズや敷く向きによってジョイント部分が変わるので、図面に書いて施工場所に合わせたベストな割り付け方法を出しましょう。

必要面積より多めに用意する

  • 割り付け方法が決まり、おおよその必要数量がわかったらいざ注文!注文の際に気を付けたいことは、必要面積ぴったりの数量を購入すると、「人工芝が足りない!」なんてことになりかねません。カットやジョイントをする場合は特に注意が必要です。不足が起きないためにも、必要面積より余裕分を考慮し多めに注文しましょう。
    もし、人工芝が余ってもロール状で保管できますし、いろいろなDIYに活用できますよ!

RESTAでは、庭づくりはもちろん様々な人工芝DIYを楽しんで頂けるよう、豊富なサイズとカラーの人工芝をご用意しています。色味の違いだけでなく、パイルの長さ(葉丈)もいろいろ選べるので、用途に合わせてぴったりな人工芝を選んでくださいね。

エクステリアDIYをもっと楽しもう!

- RETURN - 人工芝TOPに戻る

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop