プリーツスクリーンの天井付け・正面付けの違い

お部屋の印象を変える大事な選択!プリーツスクリーンの天井付け・正面付けの違い

プリーツスクリーンの取り付け方法をご存知ですか?取り付ける場所によって取付方法や雰囲気、採寸方法がそれぞれ異なります。これから代表的な取付方法である天井付けと正面付けの違いについて説明していきます。お部屋にぴったりの取付方法を見極めましょう!





 
あなた好みの過ごしやすい空間に
あなた好みの過ごしやすい空間に
 

お部屋のコーディネートや過ごしやすさにこだわりたい場合、重要なのは生地や部品のカラーを選ぶことだけだと思ってはいませんか?

実は、プリーツスクリーンは取り付け方法によってお部屋の環境がガラッと変わります。カラー選びが完璧でも、取り付け方法がそのお部屋の雰囲気や自分のイメージに合っていないと、満足できない空間になってしまうのです。

そこで、正しく選ぶことができるよう取り付け方法について詳しくご紹介します!




 

取り付け方法の種類

 
スッキリ見せたいなら!天井付け
スッキリ見せたいなら天井付け
 

窓枠の内側に取り付けるので、採寸さえきちんとできていれば、エアコンや家具など障害物との接触の心配がありません。

また、製品上部のメカ部分や生地もすべて窓枠の中に納めるのでスッキリとした印象です。

生地と窓枠の隙間を無くすことは構造上不可能なので、光が少し漏れてしまいます。
朝日をできるだけ遮りたい寝室や、書斎のような仕事やパソコンをするお部屋は西日が入ると作業がしずらいので、窓の方角をよく確認しましょう。





 
天井付けの注意点
天井付けの注意点
 

天井付けは、初心者でも寸法さえきちんと合っていれば比較的簡単です。そこで、採寸のポイントをおさえておきましょう。

窓の採寸の際、窓枠の上下左右の寸法を全て図ることで、窓枠のゆがみがないか確認しましょう。

もしゆがみが発生していたら、オーダーサイズは一番小さい数字で注文してください。隙間が少しできてしまいますが、上部のメカ部分やプリーツスクリーン下部のバーが納まらないという問題を防ぐことができます。

プリーツスクリーンは天井付けをしても、すき間からの光漏れが少ないことが特長です。





 
光の侵入を防ぎたいなら!正面付け
光の侵入を防ぎたいなら正面付け
 

窓枠を覆うように取り付けるので、光漏れの心配はありません。高い遮光性が期待できます。

また、実際の窓よりも大きく見せることが出来るため、ダイナミックなお部屋の演出やデザイン性の高い生地でインテリアのアクセントにするのもおすすめです。

ただし、取付ける場所の下地や修正に家具やエアコンなどの障害物がないか確認が必要になります。





 
正面付けの注意点
正面付けの注意点
 

窓周辺の壁にプリーツスクリーンをしっかり固定できる下地がないと取り付けできません。下地探しで場所を確認しましょう。

また、窓枠より大きく取り付けるので、周辺の壁やエアコン、家具などの障害物に接触する場合があります。

はき出し窓などへの取り付けで、製品が床までくる場合は製品高さを実際の寸法から10mm程度引いておくと、床に当たるのを防ぐことができます。





 
賃貸にぴったり!カーテンレール付け
賃貸にぴったりカーテンレール付け
 

アパートなどの賃貸物件は、あらかじめカーテンレールが取り付けてある場合が多いです。

一見カーテンレールにはカーテンしか掛けられないと思いますが、実はプリーツスクリーンなど他の窓のインテリアも取り付けが可能です。

専用のカーテンレールビスが必要になるので、プリーツスクリーンと一緒に注文しましょう。賃貸物件で壁にビス穴を開けることなく、プリーツスクリーンが取り付けられるのは嬉しいですよね。



 
窓に合った取り付け方法を選びましょう!

取り付け方法の選択がとても重要であることや、天井付け・正面付けのメリットやデメリット・注意点、補足としてその他の取り付け方法もご紹介させていただきました。いかがでしたか?

プリーツスクリーンの取付を考えている方はこの機会に「どの取り付け方法が一番合っているのだろう?」と考えてみて下さい。そうすることで、取り付け後の失敗を防ぐことができますよ!








 
他にもあります!おすすめのDIY商品
簡単施工のおすすめ床材!
クリックeuca

- RETURN - プリーツスクリーンTOPに戻る

ラストオーダー
無料サンプルの注文方法
biz0
DIY事例大募集
DIY事例集
worldwide
facebook
twitter
instagram

To PageTop