ロールスクリーンの採寸方法

ロールスクリーンの

採寸方法

商品を注文する前にお間違いのないよう、ロールスクリーンの寸法の測り方を詳しくご説明します。

採寸前の注意点

製品幅寸法とは生地の幅ではなく、メカ部分になりますので生地幅との差に注意してご指定下さい。メカ部分と生地部分の差は、メーカー・製品・仕様によって異なりますので、仕様ページを参照して下さい。

プルコード式の場合はメカの幅より約2.5cm、チェーン式の場合はメカの幅より約3cmほど短くなりますので窓の両サイドに隙間がうまれ、光漏れなどが生じますのでご注意下さい。

窓枠は必ずしも真四角ではありません。ゆがんだり傾いた窓でもロールスクリーンが上げ下げできるよう窓枠とロールスクリーンとの間に1cm程度の空間を設けて頂くことをおすすめしています。

取り付け高さ寸法によりプルコード・操作チェーンの長さが異なります。仕様ページを参照して下さい。

正面付け

窓枠の外側に取付ける場合

正面付けとは、窓枠を覆うように枠の外側にロールスクリーンを取り付け窓をより大きく見せる効果があり、ロールスクリーンの存在感をよりアピールする効果があります。

正面付け

製品幅(W)と製品高さ(H)は、窓枠外側と同寸か窓側が隠れるお好みのサイズでご指定下さい。
※生地幅は製品幅より小さくなります。
※掃き出し窓などでは、製品高さ(H)を取り付け位置から床面までの寸法より1cm程度差し引いて下さい。

壁面と窓枠に段差がある場合

ブラケットスペーサー(オプション)で壁面と窓枠の段差を解消してからロールスクリーンを取り付けて下さい。ブラケットスペーサーを付ける際は、取り付け位置に下地があるかどうかを確認し使用してください。

天井付け

窓枠の内側に取付ける場合

天井付けとは、ロールスクリーンを窓枠の内側に取り付けることで、窓周りをすっきりシンプルに見せる効果があります。

天井付け

製品幅(W)と製品高さ(H)は窓枠内側実寸より1cm程度差し引いて下さい。
※窓枠の奥行き(D)は窓枠の両端中央の奥行きの一番短い部分が取り付け可能な奥行きのサイズです。窓枠の奥行きが取り付け可能かどうかはロールスクリーン取り付け金具の寸法を参照して下さい。また、ロールスクリーンの取り付け場所に、障害物(窓のハンドルなど)にあたらないか確認して下さい。ロールスクリーンは高さや生地の厚みにより巻き径がことなります。仕様ページを参照して下さい。

カーテンレールに取り付ける場合

カーテンレールに取り付ける場合

すでに付いているカーテンレールにロールスクリーンを取り付ける場合はカーテンレール取り付け補助ブラケット(オプション)を使用し、ランナーの下からではなくカーテンレールの下から高さを測って下さい。

RETURN ロールスクリーンTOPに戻る

To PageTop