生のり付き壁紙クロスの貼り方

気をつけていてもどうしても汚れてしまう壁紙。貼り替え時期を見逃さないで!せっかくだから、DIYで壁紙を貼り替えてみましょう!難しそうな壁紙の貼り替えも、生のりがあらかじめ付いているものなら、のりを練る手間や塗る手間が省けます!リスタの生のり付き壁紙でレッツDIY!

準備する物

リスタのり付き壁紙
脚立
バケツ
スポンジ(雑巾)
はさみ
壁紙貼りセット
(カッター・撫でバケ・地ベラ・
竹ベラ・ローラー)

壁紙を貼る前の準備

壁紙を貼る部屋の家具などは部屋から出せる物は出し、大きな物は部屋の真ん中に集め、養生をしておきましょう。壁側に作業しやすいスペースを作ります。壁側の足元も養生をすると後の掃除が楽になります。

Step1コンセントカバーなどを外そう!

コンセントカバーや壁に取り付けた物を外します。外した物はネジなどが無くなってしまわないよう、マスキングテープなどで種類ごとにまとめておきます。

Step2古い壁紙をめくっていこう!

古い壁紙をめくります。めくる面の床側、天井側にカッターを入れ、隅は角に沿って縦にカッターを入れます。広い面は壁紙のつなぎ目を見つけて、そこにカッターを入れます。

カッターを入れた箇所から、壁紙をめくっていきます。カッターの刃を寝かしながら、壁紙と下地の間に滑り込ませて、めくり始めを作ります。剥がす壁紙によって剥がしにくい場合があります。途中で壁紙がちぎれてしまっても、同じように進めてください。カッターの刃で下地を削ってしまわないように注意!

めくる時の注意!

薄い紙(裏打ち紙)が残る状態で大丈夫です!剥がしすぎたり、壁に凹凸がある場合は下地処理が必要です。きれいな仕上がりには欠かせない工程です!

壁紙施工のための下地処理方法

Step3壁紙を切っていこう!

床(巾木)から天井までの長さを測ります。廻り縁と巾木がある場合はそこからの長さを測ります。

測った長さに切りしろの10cmを加えた長さで1枚目の壁紙を切ります。バックフィルムの細い線は5cm刻み、太い線は50cm刻みになっています。それを目安にして、カットしてください。

RESTA 生のり付き壁紙の豆知識

RESTAでのり付けをする時に、左右にのりの乾燥を防ぐためのテープとバックフィルムを貼り付けています。
左右のテープの色が違うのは、折りたたんだ状態でも左右を分かりやすくするためで、バックフィルムにある矢印は、壁紙の柄の向きを分かりやすくするための工夫です。

Step4壁紙をたたんでいこう!

カットが終わったら貼りやすいようにバックフィルムを剥がし、折りたたんでおきます。

バックフィルムを剥がすときは、壁紙に付いていた方を内側に丸めながら剥がすと、糊が手や床に付きません。

壁紙の折りたたみ方

貼った時に床側にくる方を10cmほどふわっと折り曲げます。

折った所を床から30cmほど持ち上げ、前に倒し、糊が付いている面を半分合わせます。

1で作った折り目と2で作った折り目を合わせて持ち、壁紙を持ち上げながら手前に引き寄せます。

2と3の工程を繰り返し、折り進めていきます。

最後は、一番最初に折った所の糊面に被せるようにします。被せた所が貼る際に天井側になります。

カットした枚数分、折りたたんでおきます。

Step5壁紙を貼っていこう!

壁の右側から貼っていきます。右側に5cmの切りしろを取り、1枚目の壁紙の左端が垂直になるように貼り付けます。天井と床側は5cmの切りしろを取っておきます。

スリット壁紙の場合は右側に切しろを取らず、角に合わせてぴったりと壁紙を寄せる方法もありますが、右側の壁が垂直になっていないと、2枚目以降がずれてしまい、きれいな仕上がりになりませんので注意!

壁紙の右側の位置を決めて貼り付けてから、右側は壁紙に少し余裕を持たせて仮貼りしておきます。初めから全体をぴったり貼り付けてしまうと、後の空気を抜いていく工程がやりにくくなります!

簡単に垂直のガイドラインを引く方法はこちら!

壁紙貼り方のポイント

Step6ハケを使って空気を抜いていこう!

1.垂直に貼った左側がずれてしまわないように撫でバケを使ってしっかり貼り付けます。

2.天井付近を横方向に撫でバケで撫で付け仮貼りしておきます。

3.壁紙左側中央から扇状になるように壁紙と下地の間に入り込んだ空気を抜いていきます。撫でバケでなでても空気が抜けない場合は、壁紙の右側をめくりながら空気を抜いていきます。

4.壁紙が畳まれていないか確認し、床側に向かってまっすぐ撫でバケを下ろし、空気を抜きます。

コンセント周りなどの細部の施工方法はこちら!

細部の施工方法

Step7端の処理をしていこう!

天井の枠周りの切りしろを竹ベラでしっかりなぞり、壁紙に筋目をつけます。
固き絞ったスポンジや雑巾で軽く湿らすと筋目が付きやすくなります。筋目をしっかりつけるときれいに壁紙を切ることができます。上側ができたら、下側も同じように筋目をつけます。角もしっかりと筋目をつけましょう。

隅の筋目付けは、壁紙を折り返した上から筋目をつけると破れにくく、筋目を付けやすい!

竹ベラを壁側に寝かせるとやりやすいです。一度に筋をつけようとすると壁紙が破れやすくなるので、少しずつ何回かに分けて筋をつけましょう!

Step8筋目を入れた場所をカットしていこう!

筋目をつけた所にしっかり地ベラを押し当て地ベラに沿ってカッターを入れていきます。上側が終わったら下側も同様にカットします。カッターの刃は切れにくくなってきたら、こまめに折って新しい刃を出してください。

隅は筋目付け同様、壁紙を折り返してカットするとカットしやすくなります!

切り方のコツ

地ベラとカッターは壁側に沿わせるようにするときれいに切りやすい!

カットした部分がめくれてこないようにローラーを使って圧着します。 ローラーで圧着が出来たら、周りについた生のりを濡らしたスポンジか雑巾できれいに拭きとります。拭き残しがあると、シミの原因になります。

Step9左のテープを引き抜こう!

残しておいた左側のテープを引き抜きます。貼った壁紙がめくれないようにゆっくりめくっていきます。めくり終わったら撫でバケで端をしっかり圧着します。

Step102枚目を貼っていこう!

1枚目の左端に3cm重ねて2枚目を貼ります。2枚目以降も垂直になるように貼っていきます。スリット壁紙は1枚目の左側と2枚目の右側がぴったりとつくように貼ります。

2枚目以降は1枚目とは逆方向に空気を抜いていきます。

1枚目と同じように竹べラで筋目を付け、壁紙の上下をカッターでカットしていきます。

Step111枚目と2枚目を合わせていこう!

1枚目と2枚目が重なった部分をジョイントしていきます。スリット壁紙は1枚目に2枚目がぴったり付いているか確認し、隙間が開いている所は手で壁紙をゆっくりずらします。

ジョイントの詳しい方法はこちら!

壁紙のジョイント方法

1枚目と2枚目の境目をローラーで圧着します。

3枚目以降も同じ手順で進めていこう!

Step12最後の壁紙を貼っていこう!

作業がしやすいように残った壁の巾に合わせて壁紙をカットしておきます。

測った長さより10cm長めに壁紙に印を付け、たたんだ状態で印の所からまっすぐカットします。この際、必ずオレンジのテープ側から長さを測ってください。
切る際に力がいります。大き目の良く切れるはさみを使いましょう!

壁に貼り、空気を抜いていきます。
1枚目の角と同じように筋目を入れた後カットし、ローラーで圧着後のりの拭き取りをします。

左端カットの際の注意!

左端のカットの際、貼った壁紙側にヘラとカッターを寝かすようにカットします。右利きの方は左手にヘラ、右手にカッターを持ち、手をクロスするようにカットしていきます。

Step13カットした所にコーキング材を入れていこう!

巾木や角など、浮き上がりや剥がれを防止するためにコーキング材を入れます。壁紙の際にコーキング材を乗せ、指でなぞってならします。角も同じようにします。

Step14外していたコンセントカバーなどを元に戻していこう!

コンセントカバーや壁に取り付けた物を元に戻します。

完成!!

壁紙の貼り方

生のり付壁紙の貼り方

かんたんDIY講座目次

必要サイズの測り方

必要サイズの自動計算

Repeater's 買い足しに最適!チャレンジセットと同じ、155柄のラインナップ

  • 30mパック6帖間壁の張り替えにピッタリ
  • 15mパック小スペースにピッタリ
  • 切売り切売りだから好きなだけ!
RETURN DIY講座TOPに戻る
ガイド

GUIDE

ガイド

CALENDAR

カレンダー

Norton

To PageTop