ブラインドのお手入れ方法

ブラインドのお手入れ方法

ブラインドは簡単なお手入れだけでキレイな状態を保つことができます。正しくお手入れすることはブラインドの寿命を延ばすことにも繋がり、気持ちよく使えるのでまさに一石二鳥です。ブラインドの魅力を最大限に引き出すために、お手入れの方法を知りましょう!

アルミブラインドの
お手入れ方法について

アルミブラインドの汚れの種類

ブラインドを取り付ける場所によって汚れの種類に違いがあり、最適なブラインドも異なってきます。そこでまずは、汚れの種類ごとにおすすめの掃除方法を紹介します。お手入れの際は手を傷つけないように軍手等を着けて行ってください。

ホコリの付着は乾拭きで

  • ホコリの付着は乾拭きで
  • ホコリは設置場所を問わずに付着する、最も掃除する頻度が高い汚れです。ブラインドが静電気を帯びると静電気が原因でホコリが付着することがあるので、ホコリを落とす時は静電気が発生しにくいハタキやハンディモップでゆっくりと優しくはらい落しましょう。強くはたくと羽根に傷が付いたり羽根が曲がってしまうことがあるので気を付けましょう。

油・手垢・ヤニ汚れには中性洗剤

  • 油・手垢・ヤニ汚れには中性洗剤
  • 油汚れやタバコのヤニは取れにくい汚れの一つです。まめに柔らかい布で汚れを取り、定期的に中性洗剤を含めた雑巾やスポンジで洗いましょう。洗った後は洗剤を落とし乾かしてください。フッ素コーティングスラットであれば汚れが定着しにくく、軽い力で拭き取れます。また、酸化チタンコーティングブラインドであれば光の力で油汚れやヤニを酸化分解します。

カビ取り剤は使用しない

  • カビ取り剤は使用しない
  • 湿度の高い環境で使うとブラインドにもカビが発生します。カビは羽根の表面に点々と付着したりコードが黒ずみます。カビ取り洗剤を使用するとアルミは錆びたり腐食することがあるので、中性洗剤を使用してください。カビが付いてしまうと取れにくいので日ごろのお手入れと換気が重要です。
    また、酸化チタンコーティングには抗菌作用もあるため、カビが発生しにくい特徴を持っています。

耐水タイプのブラインドの場合

  • 耐水タイプのブラインドの場合
  • 水のかかる場所に設置するために設計された耐水タイプは、水がかかっても錆びないのでホースやシャワーで水を掛けて丸洗いすることができます。丸洗いによって細部に溜まったホコリや汚れも洗い流すことができるので、汚れやすい場所取り付けるブラインドとしてもおすすめです。丸洗いした後はブラインドを降ろしスラットを開いてしっかりと乾燥させましょう。

アルミブラインドが
雨で濡れてしまった時の対処法

  • アルミブラインドが雨で濡れてしまった時の対処法
  • アルミスラットを水に濡れたまま放置してしまうと、錆びやカビの原因になります。
    一度錆び・カビが発生してしまうとメンテナンスの手間がかかりますし、状態が悪ければスラットあるいはブラインドの交換も検討しなくてはなりません。
    ブラインドが雨に濡れてしまったら、すぐに乾いた布で水分を拭き取ります。雨による汚れを取る場合は、中性洗剤を薄めた液に、雑巾や軍手を浸してスラットを拭きましょう。
    最後は必ず水拭きをして洗剤と汚れを拭き取ります。
    水分を拭き取った後はブラインドを降ろし、自然乾燥させましょう

ウッドブラインド(天然木)の
お手入れ方法について

ウッドブラインドは
アルミ製よりもお手入れが簡単

  • ウッドブラインドはアルミ製よりもお手入れが簡単
  • ウッドブラインドは静電気を帯びにくい、スラットの枚数が少ない、スラットが折れ曲がらないなどの理由からお手入れはアルミブラインドよりも簡単です。
    普段のお手入れは静電気の発生しにくいハタキやハンディモップを使い優しくホコリやごみをはらい落しましょう。
    また、軍手でやさしく拭くのもおすすめです。手に装着して拭くことができるので、指先を使いながら丁寧にお手入れすることができます。

ワックスを使って
本気のメンテナンスも可能

  • ワックスを使って本気のメンテナンスも可能
  • 天然木スラットにワックスをかけることで、あらかじめ汚れを防止することができます。
    RESTAでは、ウッドブラインド専用ワックスというものは取り扱いがありませんが、使用するなら木部のメンテナンス用ワックスを使用してください。
    艶だしの効果や表面がコーティングされることで、メンテナンス後も水分や汚れをはじいてくれる効果があります。

天然木スラットのお手入れの注意点

  • 天然木スラットのお手入れの注意点
  • ウッドブランドはその名のとおり「天然木」を使用したスラットで作られています。
    天然木スラットは水分の影響で、反りやねじれが発生しまう恐れがあります。
    スラットの反り・ねじれは、ブラインドの隙間が開いてしまったり、故障につながりますので、注意が必要です。
    そのため、なるべく水拭きは行わず、乾拭きでお手入れしましょう。
    また、急な雨などで濡れてしまわないようにも注意してください。

ウッドブラインドが
雨で濡れてしまった時の対処法

  • ウッドブラインドが雨で濡れてしまった時の対処法
  • 前述した通りウッドブラインドが雨に濡れてしまうと大変です。反りやシミが発生する前に早めに対処することが大切です。
    ウッドブラインドが雨に濡れてしまったら、すぐに乾いた布で水分を拭き取ります。
    ウッドブラインドの場合、汚れを取るために洗剤を使ったり、水拭きをすることはNGです。雑菌の繁殖を防ぐために、まずは完全に乾燥させましょう。
    完全に乾いてから、木製製品用のワックスやムースを使い、汚れを浮かせて拭き取ります。
    表面がコーティングされるので、防汚・防水効果もあります。

アルミブラインドの商品ラインナップ

  • 標準タイプのアルミブラインド
  • 浴室耐水タイプのアルミブラインド
  • つっぱり固定タイプのアルミブラインド
  • セパレートタイプのアルミブラインド
  • オフィス・商業向けのアルミブラインド
  • アルミブラインドをスラットの機能性で選ぶ
  • デザインブラインド
  • メーカー別全シリーズ一覧
  • ブラインドの選び方

ブラインド教室

- RETURN - ブラインドTOPに戻る

おすすめ商品

PICK UP

おすすめ商品

DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
コスパに優れた人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
リーズナブルな日本製ロールスクリーン!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!
DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

To PageTop