柱・窓枠編 木材に塗る

場所別に選ぶ 屋内用の塗料

柱・窓枠編 木材に塗る

部屋のあらゆる所に木材が使われていることが多々あります。巾木、廻り隅、窓枠、ドア枠、敷居、鴨居など、その用途は様々で傷みやすい部分にはメンテナンスが必須です。仕上げには、大きく3タイプの仕上げ方法があり、木材の質感を残すオイル塗装、木目は残すが塗膜を作るニス塗装、木目をつぶすエナメル塗装に分かれます。それぞれの場所ごとに、3種類の仕上げ方をするための最もおすすめの商品をピックアップしています。

木材の状態で使用できる塗料が変わる!

  • 無塗装の木材
    無塗装の木材

    無塗装の木材であれば、どのタイプの塗料でも使用できます。霧吹きや雑巾などで拭くと湿った感じになるのが無塗装木材の見分け方です。

  • オイルやワックスが塗られた木材
    水をはじく塗装の木材

    見た目は無塗装の木材に見えますが、水をかけるとはじく木材はオイルやワックスが塗られています。同種の塗料の塗り重ねが最もよいでしょう。

  • ペンキが塗られた木材
    ペンキが塗られた木材

    どうしても木目を出したいのであれば、ペンキを全て落とす必要があります。ペンキの補修であれば、水性ペンキを使いましょう。

  • ニスが塗られた木材
    ニスが塗られた木材

    ニスは透明の樹脂塗膜でできています。剥がれた部分の補修をニスでするには、色合いや質感の統一が難しく、やすりで軽く研磨した後、ペンキを塗るのが簡単です。

油性ニスや油性ペンキは基本的に塗ることが出来ますが、室内に使用するにはニオイがしばらく残るため、△にしています。
*1:あらかじめ塗られている塗料が水性タイプであった場合、新たに塗る油性塗料に含まれる溶剤が旧塗膜を溶かして混ざり合い、きれいに仕上がらない可能性があります。旧塗膜を全て剥がす、もしくは旧塗膜が油性タイプであったとわかる場合のみ、油性塗料を使用できます。

場所別に塗料を選ぼう!

窓枠

  • 窓枠はカーテンよりも外側にあり、紫外線を大量に浴びます。また、うっかり窓を開けているときに雨が降って濡れることもよくある部分です。そのため耐候性や耐水性に優れた塗料を使う方がよいでしょう。ホコリなどの清掃性を重視するのであれば、オイル塗装よりもニスもしくはペンキでの仕上げがオススメです。

敷居

  • 敷居
  • 敷居を踏んではいけませんが、どうしても傷みやすい部分になります。重い荷物がぶつかったりしますし、ペットは踏んではいけないなんて思ってもいません。そのため、硬い塗膜を形成するニスが最もおすすめです。次にペンキがおすすめですが、どうしても剥げやすい部分であるため、部分補修が容易なタイプをオススメします。オイルはもちろん塗ることが出来ますが、塗膜がないため経年とともに木材の角に当たる部分が少しずつ削れてしまいます。

  • オイル仕上げ
    ワトコ ティンバーレックス
    ワトコ
    ティンバーレックス

    床面に使用できる耐久性を持ったオイルです。

  • ニス仕上げ
    WOODLOVE 油性ウレタンニス
    WOODLOVE
    油性ウレタンニス

    ウレタン塗膜で最も硬い塗膜を形成します。

  • ペンキ仕上げ
    Navia
    Navia

    剥がれても部分補修のしやすいつや消し仕上げのペンキです。

鴨居

  • 鴨居
  • 鴨居の内側は、ふすまなどが通るためかなり高い耐久性が必要となります。また、ニスやペンキを鴨居の内側に塗ると、膜厚によりふすまが通りにくくなるため、内側に塗ることは避けましょう。オイル塗装であれば内側にも塗装することが出来ます。また、内側にワックス(床用を除く)を塗布すると、ふすまの動きがスムーズになる効果が得られます。鴨居の外側に塗装するのであれば、特に耐久性が必要な場所ではないため、お好みの塗料を使用することが出来ます。

巾木

  • 巾木
  • 巾木は床と壁の境界にある木材で、それぞれのすき間を隠したり、壁を保護するために設置されています。掃除機をかける際、ガンガン当たる部分ですので、敷居ほどではありませんが、耐久性が必要になります。敷居と同様にニス仕上げが最も木材を保護する効果が高く、次にペンキ・オイルの順にオススメとなります。ただし、インテリアの観点から見ると、白いペンキによる仕上げが主流となっています。

  • オイル仕上げ
    ワトコオイル
    ワトコオイル

    オイルはどのタイプを使用しても傷を防ぐ効果は低めです。メンテナンス性の高いオイルをピックアップしました。

  • ニス仕上げ
    WOODLOVE 油性ウレタンニス
    WOODLOVE
    油性ウレタンニス

    硬いウレタン塗膜を形成することにより巾木に傷がつくことを防止します。

  • ペンキ仕上げ
    Navia
    Navia

    剥がれや汚れが付きやすい部分には部分補修が容易なNaviaがおすすめです。

廻り縁

  • 廻り縁
  • 廻り縁は、天井と壁の境界にある木材で、それぞれのすき間を隠したり、意匠性を上げるために使用されています。触れない部分であるため、耐久性は全く必要ありません。巾木と同じ色の塗料を使うと、部屋の印象も統一感が出てまとまります。廻り縁には、時計を下げるためにネジ穴を開けることがあります。ペンキ仕上げをする場合は、その穴が目立ちますので、穴埋め用パテで補修してからペンキを塗ることをオススメします。

  • オイル仕上げ
    WOODLOVE オイルステイン
    WOODLOVE
    オイルステイン

    耐久性が全く必要ないため、ステインを使用して着色のみ行う方が容易でしょう。

  • ニス仕上げ
    水性ニス
    水性ニス

    工作等で使用するニスです。最も塗りやすいですが耐久性は低めのニスです。

  • ペンキ仕上げ
    Navia
    Navia

    つや消し仕上げであるため、天井照明のギラつくような反射を防ぐ効果があります。

  • 柱
  • 複数の柱が1部屋にある場合は、全ての柱を同じ塗料で仕上げる方が部屋としての統一感が上がります。また、柱の位置によって耐久性の要否が変わります。人の良く通るところであれば、擦り傷等が増えるため、敷居ほどではありませんが少し耐久性の高い塗料を使用する方がオススメです。

ドア枠

  • ドア枠
  • ドアの枠に分厚い塗膜を作るとドアと干渉してしまいます。塗膜はオイル→ニス→ペンキの順に厚くなります。特にペンキを使用する場合は、3年ほどで部分的に剥がれるため、補修が必要になります。そのたびに全体を塗り直すと3回ほどでドアと干渉しだすでしょう。そのため、ペンキを使用する場合は、部分補修のしやすいものを選択する方がよいでしょう。

  • オイル仕上げ
    ワトコ ティンバーレックス
    ワトコ
    ティンバーレックス

    ドア枠の床面は踏まれたり、側面は人がぶつかったりするため、床面にも使用できるタイプがオススメです。

  • ニス仕上げ
    WOODLOVE 油性ウレタンニス
    WOODLOVE
    油性ウレタンニス

    床面にドアの枠がないのであれば、水性タイプでも問題ありません。アクリルタイプは避けましょう。

  • ペンキ仕上げ
    Navia
    Navia

    ドア枠は、部分補修を前提としてペンキを選ぶ方がよいので、部分補修が容易なペンキがおすすめです。

全ての場所を同じ塗料で仕上げるなら

  • 全ての場所を同じ塗料で仕上げるなら
  • 上記の窓枠からドア枠までいろいろな木部が部屋にはありますが、この全てを同じ塗料で仕上げるとお部屋の仕上がりがグンと上がります。一昔前までは、木材の色を基調としたブラウンで統一されることが多かったのですが、現在のインテリアの主流は白色で統一です。逆に壁面・天面をカラー仕上げにすることが流行しています。

    場所ごとに違う塗料をオススメしてきましたが、全ての場所に1つの塗料を塗りたいですね。そんな時は次の塗料を選んでください。

ペンキも道具もRESTAにおまかせ

  • Navia以外の水性塗料も充実のラインナップ!

  • 屋外で耐久性を求めるなら油性塗料がオススメ!

  • 水性塗料だけでなく油性塗料にも使えるハケやローラーを品揃え!

- RETURN - 屋内用の塗料TOPに戻る

おすすめ!

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop