ハケの毛の種類と特徴

DIYペイントの道具選びハケの毛の種類と特徴

正しいハケを使うとペイント作業がとても効率的になる上、仕上がりの良さにも直結します。特に水性用のハケは、毛が細くて水分をたっぷり含むものがおすすめ。ひと筆で塗れる面積が大きくハケのあとが残りにくいからです。





 
ハケの基本知識
ハケの基本知識
 

刷毛(ハケ)とは、木やプラスチックの柄の先に毛が取り付けられた道具で、塗装や内装工事で塗料を塗るのに使われます。

書道や絵画、お化粧で使われる道具は筆と呼ばれます。刷毛(ハケ)と筆についての明確な違いや定義はありません。


形状の違いとして、ハケは毛束を木やプラスチックの柄で両側から挟むような形状で、平たく、幅の広い形状をしています。広い面積に塗料を塗ることが目的で使われます。

対して筆は、毛を縛ったものを木やプラスチックの柄に取り付けており、形は丸く、ハケのように平たい形状ではありません。
文字や絵など、広すぎない面で何かを描くことを目的に使われます。

塗装のお仕事や、趣味でDIYをしている方は良く使いますが、一般の方にはハケよりも筆を使うことの方が多いかもしれません。
ハケは、塗装や、料理やお菓子作りの道具にも使われます。
 

ハケに使われる毛には、様々な種類があります。天然繊維である動物繊維と植物繊維、そして化学繊維の順に説明します。





 
動物繊維(動物の毛)
動物繊維(動物の毛)
 

馬の毛の特徴

馬の毛は、部位ごとにそれぞれ特徴がありますが、どの部分も高級な原料とされており、耐水性に富んでいることが特長です。たてがみ、蹄の周囲、胴体、そして尾っぽの部分を使います。

たてがみ…コシが強く、塗料の含みが良いです。
蹄の周囲…ハリがあり、細いですが強い毛です。
胴体…柔らかく、毛のまとまりが良いハケになります。
尾っぽ…太い毛で、塗料を塗布するためのハケではなく、接着剤塗布用に使われます。
尾っぽの付け根…新毛は天尾と呼ばれ、最高級品です。

 

豚の毛の特徴

豚の毛は、馬の毛よりも硬く、コシと弾力があります。
毛先が割れているため、毛質のわりに、柔らかいことが特長です。

 

山羊の毛の特徴

山羊の毛も馬の毛と同様に、全身の毛が余すところなく使われます。
尾っぽ、蹄の上、脇腹、アゴヒゲ、そして背中です。

毛質が柔らかく、塗料の含みが良いことが特長です。

 

その他の動物繊維

上記でご紹介した3種類が主流ですが、イノシシや鹿の毛のハケもあります。また、漆塗装用の筆やハケには人毛が使われることもあります。

動物繊維は、毛先が繊細で色艶に富み、弾力がある物が良いとされています。





 
化学繊維
化学繊維
 

PBTというポリエステル系の樹脂繊維や、カネゴートというアクリル系化学繊維、またはナイロンやアクリルの化学繊維が使われます。

PBT(ポリブチレンテレフタレート)は耐水性、耐薬品性に優れており、酸やアルカリにも強いです。化学繊維の中では高級素材と言われています。乾きが早く、曲げやたわみの回復性に強いという特長があります。

カネゴートは軽量で耐水性・保水性に優れています。ソフトな感触ですが、コシはあまりありません。
 
では、動物繊維と化学繊維のどちらが良いのでしょうか?どちらが優れているでしょうか?ハケを選ぶ際に、どう選べばいいのでしょうか。





 
ハケは、塗料に合わせる
ハケは塗料に合わせる
 

塗料に合わせてハケを選びましょう。

水性塗料には、ソフトでコシのある、柔らかなハケを選びます。
水性塗料専用のハケは、動物繊維だけでなく、動物繊維と化学繊維を混ぜた混毛で作られ、毛が白色のハケが多いことが特徴です。


油性塗料には、溶剤に対応した、しっかりとしたハケを選びます。
スミ切りやダメ込み用のハケは、毛がまとまって広がらないこと、コシがよくへたりにくい物を選びます。山羊や馬毛、豚毛、化学繊維で作られ、毛が茶色や黒色のハケが多いことが特徴です。


もちろんハケに「水性塗料用」「油性塗料用」と記載してあれば、それぞれ塗料に対応していることがわかりますね。

そのほかには、ラック・ニス用のハケや、目地用ハケ、ダメ込み・隅切り用のハケなど、用途に応じて選びます。



 
ハケ優劣はない!塗料や予算に合わせて

動物繊維のほうが高価である、品質も良いと言われることがありますが、油性塗料と相性が悪い場合もあります。

動物の毛のハケを使用すると、毛のアルカリ成分が塗膜になる前の塗料と反応してしまい、ハケが固まってしまうこともあるのです。

もちろん動物繊維は、毛先が少し先細りした形状になっていたり、毛が波打っているなどの特長があり、塗料の含みが良く、昔からハケに使われています。

しかし使われる毛が、若い動物の毛なのか、それとも老いた動物の毛なのか、産地の気候や環境はどうかによっても、毛の品質は異なります。

動物繊維は一定の品質を保つことが難しく、キューティクルがあるか、適度な油分を含んでいるかなど、品質の善し悪しは毛をとる動物の生育状況に大きく左右されます。


動物繊維と化学繊維、一概にどちらが優れている、劣っていると優劣はつけることはできません。使用する塗料に合わせ、大きさを選び、予算の兼ね合いで決定しましょう。








 

- RETURN - ペンキTOPに戻る

おすすめ!

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop