木材の塗料選び

DIYペイントの塗料選び木材の塗料選び

木材用の塗料にはたくさんの種類があります。大きく分けるとステイン、ニス、ワックス、オイル、ペンキの5種類になります。ホームセンターなどでよく売られている数種類の木材との相性を見てみましょう。





 
無垢材
無垢材
 

無垢材とは、木を切っただけの木材です。

どの種類の塗料でも塗ることが出来ます。全ての木部用塗料はこの無垢材に塗ることを前提としています。


ただし、ホームセンターで販売されているSPF材には防腐のためにロウが塗られていることがあります。

この場合水分をはじく性質を持つため、水性塗料が塗りにくくなります。オイルやステインでも浸透しにくくなってしまいます。

このような木材の時は、やすりで表面を一層剥がす必要があります。





 
集成材
集成材
 

集成材は小さな無垢材のパーツを接着剤でつなげて大きくしたものです。

そのため、使える塗料は無垢材と同様です。





 
構造用合板
構造用合板
 

ベニヤやラワンなどを1~2mmくらいに薄くスライスし、貼り合わせたものです。

表面上は無垢材と同じですが、これらの木材の表面は粗いです。そのため、塗料の吸い込み量が多くなります。

着色系のオイルやステインで塗装した場合は、サンプルカラーよりも2倍ほど濃い色になります。


ニスやペンキで仕上げることがおすすめですが、そのまま塗っても平滑な塗膜とはならずに、木目の粗さがそのまま表面に現れます。

きれいな表面に仕上げるためには、木部用パテまたは、との粉を使用して平滑な面にしてから塗装するとよいでしょう。





 
OSB合板
OSB合板
 

木片を集めて透明の接着剤で固めたものです。この接着剤はプラスチックと同じような性質をもち、合板の表面にも塗られています。

そのため、浸透系のオイルやステインは塗ることが出来ません。

木目を残しながら着色をするにはニスを使用します。木目も消して色を付ける場合はペンキを使用します。

水性タイプを使用するのであれば、合板の表面に小さな傷をつけておきましょう。320番の紙やすりで全体が白く濁る程度まで研磨します。油性タイプのペンキやニスを使用するのであれば、研磨作業は不要です。

OSB合板のツヤをもっと出すには、無色のワックスを使用します。





 
MDF合板
MDF合板
 

木を繊維レベルまで細かくして、接着剤と混ぜ合わせて圧力をかけながら固めたものです。

下地処理いらずで塗りやすい合板です。水性ペンキで仕上げるのが最もよいでしょう。


オイルやステインなどの浸透系塗料も使用できますが、木目がないため美しい仕上がりにはなりません。








 

- RETURN - ペンキTOPに戻る

おすすめ!

DIYコンテンツ

CONTENTS

DIYコンテンツ

ランキング

RANKING

人気商品ランキング

壁紙・クロス
壁紙チャレンジセット
壁紙チャレンジセット
人気の壁紙と施工道具がセットでお得!壁紙の単品購入もできる!
DIYフローリング
はめ込み式クリックeuca
はめ込み式クリックeuca
はめ込んで置いていくだけの簡単施工!賃貸にも使えます。
ウッドデッキ
人工木デッキ RESIN WOOD
人工木デッキ RESIN WOOD
RESTA最安の人工木デッキ材。DIYで組み立てできる基礎材も選べる!
ペンキ
水性塗料 Navia
水性塗料 Navia
選び抜かれた120色。部屋中どこでも使えて仕上がりもキレイ!
ロールスクリーン
高機能スクリーン Lifiro
高機能スクリーン Lifiro
日本製ロールスクリーンで最安!遮光、遮熱など欲しい機能が満載!

To PageTop