ブラインドのお手入れ方法

普段のお手入れ

ブラインドのスラットがアルミ製の場合は小型のほうきや羽根はたき、ハンディモップ等を使ってほこりをはらってください。油気の多い場所では、やわらかい布でこまめにふき取るのも効果的です。

また、ゴム手袋の上に軍手を重ねてはめ、洗剤溶液に浸して3~4枚ずつ羽を指ではさみ左右に動かしながら表裏の汚れを拭いていく方法もあります。必ず水拭きをし、ブラインドを降ろした状態で自然乾燥してください。

スラットが木製の場合は洗剤などを使用せず軍手をはめ、1枚1枚はさみ左右に動かしながら表裏の汚れを拭いていってください。

ほこりをはらう時、力を入れすぎると羽を傷つける場合がありますのでご注意ください。

特別なお手入れ

ブラインドを取り付けた状態のままホコリを落としてからブラインドをたたみ上げて取り外し、平らな場所にシート等を敷いてブラインドを広げ、ヘッドボックス・ボトムバーを避けながら全体を水で濡らします(水圧が強くなりすぎないように)。汚れに合った洗剤を使用して羽が重ならないようにしながらスポンジなどで汚れを落とした後、水洗いしてください。ヘッドボックスを乾燥させてから取り付け、乾いた布で水気をふき取りブラインドを下ろした状態で自然乾燥させてください。

羽で手を切らないように軍手などを着用してお手入れしてください。

ブラインドの汚れの種類

汚れの種類 ホコリ、手あか ヤニ カビ
取付場所 全般 キッチン
ダイニング
リビング
寝室
浴室
洗面所
汚れ方
  • ホコリは全面的につきます。
  • ヘッドボックスの中にもたまります。
  • コードに手あかがつきます。
  • ブラインド前面につきます。特にはねの凸面が汚れやすく、コード類にも付着します。
  • はね面に点々とつきます。
  • コード類が黒ずみます。

お手入れ簡単ブラインド

立川機工tapio アルミブラインド フッ素コート

汚れが付きにくく、汚れが付いても落としやすい。

タチカワブラインド シルキー 酸化チタンコート

光がお掃除。酸化チタンが反応して防汚・抗菌・消臭機能効果。

TOSO インテリアブラインド 光媒体スラット

光の力で汚れや悪臭を分解。
抗菌・消臭効果を持った優れもの!

To PageTop