ブラインドの選び方

ブラインドとは窓の内側に取り付けられる覆いのことで、外からの視線を隠したり、採光の調節や風を遮るためのものです。長い時間をすごす場所での「居心地」はとても重要です。ブラインドはそんな空間づくりをお手伝いします。

リビングには

家族が団欒・多くの時間を過ごし、お客様をお迎えすることもあるリビングは光をいっぱい採り入れたいですよね。また、自宅のメインとしておしゃれな空間にしたいものです。カラーが豊富で見た目すっきりのブラインドはお部屋の雰囲気を左右するリビングの大きな窓には最適です。光を取り入れながら、紫外線や直射日光を遮るアルミブラインドや落ち着いた雰囲気を出してくれるウッドブラインドもおすすめです。

キッチンには

最近多い対面キッチンは料理をしながら家族とのコミュニケーションが築けますが、急な来客に目隠しとして、カウンター上にブラインドを取り付けるのも人気です。また、キッチンを明るくしたいと窓があるキッチンが増えています。そんなキッチンには汚れに強く細菌の繁殖を抑える抗菌加工の施され、お手入れも簡単なブラインドがおすすめです。

寝室には

疲れを癒す空間である寝室。プライベートな空間をゆったり過ごし、心地よい睡眠をとりたい。そんな寝室には光を遮断しプライバシーを確保でき、カラー・素材も落ち着きがあるもの、またはウッドブラインドのような癒してくれるものもおすすめです。

和室には

お客様の予備のお部屋や、最近ではリビングの一部としてしつらえられることが多くなった和室。様々な用途で使われる和室ですが、佇まいを活かしつつ、リビングとの調和を考慮した落ち着きの空間にしてくれるブラインドがおすすめです。

子供部屋には

子供には明るく元気に育って欲しい。親の気持ちは同じです。小さいうちはPOPで楽しい雰囲気にさせてくれる明るいブライドなど、子供の成長に合わせてカラーをお子様と一緒に楽しみたいものです。また、耐久性やお手入れを考えてスラットを太く折れにくいものにしたブラインドがおすすめです。

玄関・廊下・階段など

明り取りのスリット窓や小窓などが付いたおしゃれな住宅が増えています。でも、密集した住宅事情により光を取り込みながらも外からの視線は遮りたい。そんな窓にもブラインドは活躍します。ヘッドボックスを小さくした、すっきり見える小窓用のブラインドがおすすめです。

浴室には

水周りの天敵はやはり、湿気やカビです。抗菌仕様はもちろん、シルエットなどがうつらないよう目隠しに使用するにもブラインドは最適です。水で流し、乾燥させるだけでお手入れも簡単です。また、ビスを打つことが出来ない浴室には突っ張り式のタイプのブラインドを!

To PageTop